Picture
出産後2~4日後におっぱいが張り始めます。この時点で乳線が開通していれば問題なくおっぱいが出てくるのですが、開通していない場合、おっぱいがたまってしこりとなります。
しこりができてくると、痛みとして感じるようになります。

しこりができた場合・・・
①とにかく赤ちゃんに吸ってもらいましょう。
乳輪部間で固くなっている場合は、赤ちゃんが吸えるようにあらかじめ柔らかくしてあげましょう。
おっぱいの一部にしこりができている場合は、いつもと違った抱き方で飲ませてあげましょう。これだけでしこりが取れることがあります。
赤ちゃんがいやがって泣いたり、途中で眠ってしまうようなことがあっても、刺激して起こしながら片方10分を目安に授乳してください。

②乳首のマッサージをしましょう。
乳線を開通させるためには、乳首のマッサージが大切です。乳輪部を含めて押しつぶすようにマッサージします。自分で“痛い”と感じるくらいの力でマッサージしてください。授乳前はもちろんのこと、一日中マッサージしていても良いくらいです。

③どうしてもしこりが取れず、痛みを感じる場合。
痛いところだけを局所的に冷やします。ぬれタオルくらいの冷たさでお願いします。氷やアイスノンを使うと、張りが弱くなってきますのでご注意ください。

では、どういう場合に暖めるのか?
おっぱいが張っているが、乳線が開通している場合(射乳がみられる場合)、暖めてしこりをもみ解しておっぱいを出します。暖めたら、しっかり最後まで絞り出してください。暖めたものの、おっぱいが出ずしこりも取れない・・・となると、もっと張ってくることになります。

開通しているがおっぱいの張りが弱いという方は、ドンドン暖めていただいて結構です。





Leave a Reply.